クレープの焼き方を動画を見ながら覚えましょう


クレープのレシピを参考に出来上がった生地を準備します。トンボは早め(数分前でも十分)に少量の水を張ったバットに浸けて湿らしておきます。


ぷちオリジナルのレシピは購入者専用ページにて

家庭用ガスコンロ又は業務用ガスコンロにクレープ用鉄板(35cm又は40cmサイズ)を乗せ、しばらく熱します。

火力にもよりますが中火で2〜3分程度です。(温度が上がるまでは強火でも良い)
(数枚焼いて焼き色を見ればどの火の強さを調節すれば良いかはすぐに分かります。)


鉄板の温度が上がったらティッシュでふき取るくらいに薄くサラダ油を塗ります。
鉄板を何度か使用して油が馴染んでくると焼き始めに1回だけサラダ油を薄く塗るだけで後は最後まで塗らなくてもくっつきません。油を塗って鉄板からかすかに煙が出る程度の温度が焼き頃です。高温で素早く焼くとふわっとした食感と歯切れの良いクレープが出来あがります。


焼き方はをトップの動画を見ながら学んでください。 (もっと詳しい焼き方は購入者専用ページにて
動画でトンボの回し方の感じがなんとなく掴められたと思います。後は実践での練習のみです。
上手くなったらご自宅だけでなく各種イベントなどにも参加して腕前を披露してください。

焼き上がったら別に用意したカスタードクリームや生クリームを塗りお好きな果物などを包みます。最後に四角い色紙などでクルクルと巻いて可愛いく出来あがり。(アルミホイルで巻いた後に袋又は紙で包むと食べやすく出来ます。)

お誕生会やクリスマスなどでは手作りのミルクレープを作ると楽しいですね。生地は強火でふんわりと焼くのが美味しく作るポイントです。
1枚1枚の焼きぐあいが一定でないと美味しさが半減しますしケーキナイフも通らないような硬いクレープの焼き方では成功とはいえません。
お勧めは生クリームとカスタードクリームをクレープで交互に重ね、果物(いちご、バナナ、ピーチ)やチョコレート、ジャムをはさんだミルクレープです。

焼く時は多めに焼いて、一枚一枚をラップで包んで冷凍保存しておけば食べたいときに自然解凍していつでも手間無く食べられます。
夏場はアイスクリームをクレープで包んで冷凍すれば、アイスクレープの出来上がりです。これは美味しいです。